> >

階段に関する法律

住宅用階段の定義

住宅用階段と一口に言っても、1階から2階に上がる階段、屋上に上がる階段、ロフトに上がる階段、3段ほどのミニ階段など、様々なものが存在します。
階段には、建築基準法で明確に基準を決められている箇所があります。もちろん住宅設計の方は法規を熟知していますが、何も知らずにお任せするのも・・・と思う方はこちらのページでご確認ください。

建築基準法

第23条 階段及びその踊場の幅並びに階段のけあげ及び踏面の寸法

「階段及びその踊場の幅並びに階段のけあげ及び踏面の寸法は、次の表によらなければならない。ただし、屋外階段の幅は、第120条又は第121条の規定による直通階段にあつては90cm以上、その他のものにあつては60cm以上、住宅の階段(共同住宅の共用の階段を除く。)のけあげは23cm以下、踏面は15cm以上とすることができる。」

条文に記載の表は省きますが、いわゆる一般戸建住宅の基準では以下の寸法が規定されています。
・段板(踊場)幅:75cm以上
・蹴上:22cm以下
・踏面:21cm以上

第25条

階段には、手すりを設けなければならない。 2 階段及びその踊場の両側(手すりが設けられた側を除く。)には、側壁又はこれに代わるものを設けなければならない。 3 階段の幅が3mをこえる場合においては、中間に手すりを設けなければならない。ただし、けあげが15cm以下で、かつ、踏面が30cm以上のものにあつては、この限りでない。 4 前3項の規定は、高さ1m以下の階段の部分には、適用しない。

要するに1mを超える高さの階段には手すりを設けなければならないという条文です。
当社製品だと、DANDELは通常の仕様だと手すりがないため1m以下の階高にしかご採用いただけません。

トップに戻る