> > >

使い勝手とデザイン性を両立した、今までにない薪ストーブ「HOMRA-ホムラ」

かつて囲炉裏の前に座し、家族が見つめる中、火を司っていた日本の男たち。
「HOMRA(ホムラ)」は、そんな男たちのために生まれた新しい薪ストーブです。
兜の鉢を彷彿とさせるデザインと燃焼効率を追求した独自の構成や対震消化ダンパーなどを両立した、現代のエネルギー事情を考慮した工夫が込められたもの。
※Y748は数量に限りがあります。

日本古来の鉄器を彷彿とさせ、独自の意匠性を醸し出すエンボスパターン

  • HOMRA

「HOMRA」の表面に整然と並ぶのは、日本古来の鉄器を彷彿とさせるエンボスパターン。欧米の薪ストーブには見られない意匠性は、「日本らしさ」を演出しながら、このストーブを持つことの満足をさらに深いものにします。

空間の雰囲気に合わせて選べる「艶紅レッド」「鉄黒ブラック」の2色

  • HOMRA

カラーは、江戸の女性たちの唇を彩った紅がモチーフのスペシャルカラー「艶紅(つやべに)レッド」と、日本古来の鉄器や武具をイメージさせる重厚な「鉄黒(てつぐろ)ブラック」の2カラー。設置する空間の雰囲気に合わせてお選びいただけます。

燃焼効率の向上に貢献する独自のパイプウォール燃焼システム

  • HOMRA

燃焼室の内壁を構成する独自のパイプウォール燃焼システムは、下部から上部へ新鮮な空気を供給することで不完全燃焼を抑えながら煙の発生量も抑制。同時に燃焼効率をアップすることで、薪をムダなく使うことができます。

地震発生時に自動消火する対震消火ダンパー「K.E.S.S.」

  • HOMRA

底面には、独自の対震消火ダンパー「K.E.S.S.(KDAT Emergency Shutdown System)」を設置。震度5以上の横揺れを感知すると自動的に吸気シャッターを閉鎖し、瞬時に燃焼室内の炎を消火する、地震国・日本に不可欠なシステムです。

パーツの小型・軽量化で、新築、リフォームなど、様々な条件に対応

  • HOMRA

鋼板とパイプウォール構造により、パーツの小型化と軽量化を可能にした「HOMRA」は、現地で組み立てるノックダウン工法を採用。新築、リフォームはもちろん、2階や傾斜地にある家屋に設置する際もフレキシブルに対応できます。

様・価格

材質        :鋼板
本体サイズ   :W720mm×D433mm×H833㎜
重量        :190kg
最大薪長    :55cm
暖房方式    :輻射式
燃焼方式    :クリーンバーン方式
定格暖房面積:132㎡
定格出力    :7,548kcal/h
煙突位置    :上部
本体色      :艶紅レッド・鉄黒ブラック
価格        :艶紅レッド600,000円・鉄黒ブラック500,000円

トップに戻る