> >

階段はリビングの主役   Y.S様邸(神奈川県)

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05
  • slide06
  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03
  • thumb04
  • thumb05
  • thumb06

きっかけは住宅展示場見学の一つ目で、いきなり一目惚れしたシースルー階段がカツデンアーキテックの製品であるということを知ったことからでした。
ハウスメーカーの標準シースルー階段と比べ価格の面で二の足を踏んでいましたが、ガラスの耐久性の高さと、毎日見て後悔したくなかった一念で採用を決めました。階段にはスッキリとしていて一番解放感のある「ObjeA(オブジェア)オープンタイプ」でガラス手すりのものを、2F廊下には同タイプの吹抜け手すりを採用しました。

もともと新築を建てることを決めたとき、二つの理由からリビングに階段を設置することを決めていました。
一つ目は無駄なスペースだと思っている廊下を少なくするため。
二つ目は将来子供が成長したときに玄関から直接部屋に行ってしまいコミュニケーションが減ることがないように、必ずリビングを通る動線を実現するため、という理由でした。

リビング階段といえばデメリットとして挙げられるの吹抜けによる冬の寒さですが、床暖房と断熱性能の高さにより、マンションの時とそれほど変わらない光熱費で快適に過ごせています。
我が家の場合、吹抜けと階段廊下の天井がつながっていますのでそれなりの開放感がありますが、 カツデンアーキテックの階段と手すりを採用したことによって、最大限の開放感を得ることができました。

入居時に長男が幼稚園児だったので、安全性の観点からワイヤー等は考えていませんでしたが、 ガラスの手すりがシャンデリアやシーリングライト、ダウンライトを反射するので、部屋が明るく煌びやかさの演出にもなりました。
クリスマスシーズンにはLEDを飾ると階段がとてもきれいです。

引っ越しして1年経過しましたが、カツデンアーキテックの階段を選んだことをとても満足しています。

営業からのコメント

ハウスメーカーの設計の方との打合せで、お施主様が階段にこだわりを持って当社を選んでくれているとお聞きしまして気が引き締まる思いで担当をいたしました。
プランはお施主様と設計の方とで練りに練られていましたのでこちらからのご提案は少なかったのですが、それゆえ階段への期待の大きさを感じました。

上記のお施主様の声を拝見しまして毎日の生活の中で階段に対してご満足いただけている事が大変嬉しく、改めて階段メーカーの営業としてやりがいを感じることができました。


横浜営業所 所長 青木敦

製品仕様

  • ■製品名:シースルー階段 ObjeA
  • ■ささら桁:オープン(半艶ブラック)
  • ■手すり:ガラスDPG手すり(半艶ブラック)
  • ■段板:木製段板(半艶ブラック)
  • ■オプション:なし
  • ■サイズ:14段上がり切り ストレート

お施主様の声募集中

自慢したい製品がありましたらこちら ( 販促企画部)までご連絡下さい。
ご協力いただいた方には、商品券と粗品をプレゼントします。

トップに戻る