カツデンアーキテック
カツデンアーキテック

階段・サイクルスタンドの施工例 PHOTO CONTEST2019

階段・サイクルスタンドの施工例 PHOTO CONTEST2019

今回で4年目となりましたが、全国のお施主様、ハウスメーカー・ビルダー様を対象に写真コンテストを行い、当社の階段・手すり・サイクルスタンドを用いた施工事例の作品を募集いたしました。
ご応募いただきました皆様、ありがとうございます。
2019年の応募は過去最多の100件のご応募をいただきました。
写真の美しさや構図などを基準に当社内の投票形式で、慎重に検討させていただきました。

コメント付で結果を掲載いたしますのでご覧ください。

結果発表

結果発表

最優秀賞

最優秀賞

【有限会社IP創研 Y様 ご応募】

玄関から開放的につないだリビングに、このトラス型の階段が映えると思い採用させていただきました。 玄関に入ると、一番に目を引くように、ホールを間仕切りる壁にFIXガラスを設け、トラス越しにアウトリビングに景色が抜ける奥行のある仕上がりにすることが出来ました。 おかげさまで、お施主様はもちろん、来訪される方々からご好評いただいております。


優秀賞

優秀賞

【遠州鉄道株式会社 O様 ご応募】

モデルハウスにて採用させていただきました。 「モダン&エレガンス」のコンセプトに沿うグレー基調の空間と調和させるべく、手すり・ささら桁はピュアホワイト、木製段板はリアルブラックカラーとしています。 モノトーンで単調とならないよう、ささら桁は特徴的なサンダー型仕様とし、背面の高級感あるクロスと併せて空間のアクセントとなっています。 階段を中心に間取りを構成しているため、ゆるやかに上下階のつながりを感じられ、明るく開放感のある空間を実現しています。 また、ソファの背後にはリビングとダイニングを緩やかに区切るためにカスタムウォールを採用させていただいています。 ウォルナットの木目、ブラックの支柱が彩度を抑えた空間へマッチしています。

【大矢建工株式会社 M様 ご応募】

自社ショールームのアクセントにすると決めました。エントランスからすべてが見える位置に配置し、夢のある空間を提供出来たらと思います。 カスタムウォールでスッキリ空間を仕切り、デコ~うんてい。のぼり棒へと続く時の流れをイメージして選びました。 サンダーのささらは存在感を出しつつもスッキリと収まっています。大人も子供も満足できる商品です。

【M様(施主):大和ハウス工業株式会社 施工 ご応募】

展示会場でこの階段を一目惚れしました。絶対我が家に取り入れたいと思い、採用しました。 昼間はトップライトからの日差し、夜はスポットライトにあたる装飾。いつ見ても飽きない空間です。 これからも一緒に沢山の思い出を作って行きたいと思います。

【株式会社ハウステックス K様 ご応募】

リビングの吹抜けに採用しました。子供たちのお気に入りで、お出掛けしてもすぐに家に帰りたがるそうです。 スネイクは小さな子供でも登り易く、まだ2才の弟くんもお姉ちゃんを追いかけて登り始めました。 けんすい棒はお父さんの、運動も兼ねてつけました。永く活用できればと思います。

【積水ハウス株式会社 N様 ご応募】

3階空中リビングへの導入ルートとして、2つの吹き抜けをダイナミックに交互に構成。 それらを2つの緩やかな階段で魅力的につなげ、木々の間を舞う鳥になったかのような景色をお楽しみいただきながら、階上に誘います。

【積水ハウス株式会社 U様 ご応募】

イメージに合う階段を制作頂き有難うございました。

【BOXCREATE M様 ご応募】

御夫婦の要望で子供が楽しく暮らせるようにアスレチックシリーズを導入した都心の一戸建て住宅になります。 3階フリースペースに繋がるのぼり棒や吹抜上部のロフトへのアプローチは壁と天井に設置したDECOバブルスを使わないと辿りつけない計画で御主人の運動不足解消にも一役かっているとか、、、 子供の成長を楽しみながら、日々の暮らしに楽しさをスパイスした住空間です!!

【株式会社エドケンハウス O様 ご応募】

お施主様のご希望がはじめから螺旋階段のある住まいをご希望されており、プランニングをさせていただきました。 ご家族のセンスが良く素敵な住まいになりました。


佳作

佳作

【積水ハウス株式会社 A様 ご応募】

ホテルライク仕様の共同住宅の共用階段として採用させていただきました。 メインとなる中庭に面する大開口の縦連窓サッシの前に配置するため、シンプルながら高級感を演出したいと思い採用させていただきました。 繊細な美しさの中に存在感があり大変満足しております。オーナー様はもちろん、入居者様にも喜んでいただいており、嬉しい限りです。

【大和ハウス工業株式会社 T様 ご応募】

お気に入りのグレー色に塗装した階段。お茶目な新婚のご夫婦にとっては特別なオブジェになりました。

【ヴィレッタの杜(天の家株式会社) T様 ご応募】

最初からスライドロフティーの使用を前提で建物を建築しました。 吹き抜け天井の壁の上から下まで全部本で埋め尽くし、寝室に造る事で趣味の部屋と一体の「ブックカフェ」が出来上がりました。 当初予定していたより大きな物が出来ましたので、スペースがまだまだ残っていてワクワクしています。

【近藤建設株式会社 M様 ご応募】

お施主様のご要望は以下のものでした。 ○友人、知人、親族などに自慢したくなる住まい
○明るく、広々としたLDK
○家の中心でシンボルとなるようなストリップ階段

それに対して以下のものをご提案させて頂きました。
○リビング空間のシンボルとなるように、中央配置のストリップ階段
○階段やアクセント壁、間接照明など目を引くポイントを各所に散りばめ、高級感のある空間
○吹抜け周りの回廊に設けた横桟手摺から奥の部屋を見通せる奥行き感

上記のように、この住まいではリビングの階段が全ての中心として構成されています。
空間のシンボルとして、家族のコミュニケーションの中心として、ObjeAはお施主様の要望を叶える上で、重要な構成要素となってくれています。

【積水ハウス株式会社 I様 ご応募】

モデルハウスでの採用となります。 本棚と寄り添い、階段だけの機能ではなく段差を利用してベンチとして本を読んだりする場所にもなっています。 LDKのアクセントであり、この家のシンボルになっています。

【茨城セキスイハイム株式会社 A様 ご応募】

①空間に遊び心を取り入れ、インテリアとしても馴染んでいます。
②ホワイト基調のオープン階段がシンプル&スタイリッシュで、クリエイティブな感覚を刺激する都会的なインテリアを創造させます。

【W様(施主):有限会社クラフテック 施工 ご応募】

LDKは家族が一番長く居る場所なので、家の中で一番良い住空間にしたく周囲を建物に囲まれ採光上不利な立地環境でしたが、生活動線を考えてリビングは1階にしたいと思いました。 スケルトンの階段と廊下手摺によってLDKの奥まで光や視線を遮ることなく明るい空間になり、階段はテレビ視聴やリビングでの団らん時のベンチに。 階段下のちょっとした空間はスタディコーナーになりました。 昇り降りだけではなくプラスαの機能が生まれ、家の隅っこに追いやられがちな階段が我が家では主役級のポジションを陣取って空間のアクセントになっています。明るく開放的で広く感じさせてくれる空間が実現できたと思います。

【K様(施主):大和ハウス工業株式会社 施工 ご応募】

二階への吹き抜けを駆け上がる階段。 そこに美しさを求めることは自然なことですが、 私たちは、まだ2歳の娘がお洒落に気を使う年頃になり、スケルトンの階段を昇り降りする姿を想像した時に、何とか踏み台を厚くすることができないかと依頼しました。 その結果、リビングとの一体感もさることながら、我が家を訪れる方が皆、まずは階段に注目してくださるような非常に存在感のある階段が仕上がり、とても満足しています。 娘が将来「素敵な階段だね。」と言ってくれる日を楽しみに、毎日生活しています。

【H様(施主):セキスイハイム中四国株式会社 施工 ご応募】

採用したかったスキップフロア。階段にはこだわりがあり、イメージ通りのものを見つけるために何度も何度も打ち合わせをしました。 家の引き渡しの3日前に取り付けられたオシャレでカッコイイ階段に大満足!!開放的な階段は、スキップフロアとリビングをつなぎ、家族の存在を近くに感じる事ができます。

【志馬建設株式会社 K様 ご応募】

玄関ホールを広く設けましたので、らせん階段を選びました。 1日の始まり、起床して2階寝室から1階リビングへ向かう中、 階段横に設けた外のテラスに大きなプランターに植えた植物の緑が2枚の縦長の窓を通して、 晴れた日は陽の光と共に差し込み、雨の日は葉から滴る雫でその日の天候を思いながら下る、らせん階段となりました。


特別賞

特別賞

【積水ハウス株式会社 F様 ご応募】

施主様ご家族との出会い後間もなく『京都の秋津洲に食事に行かれたご夫婦から秋津洲のインテリアや庭がとても素敵で秋津洲のような家にしたい』との一言から計画がスタートしました。 ※秋津洲とは京都上賀茂に8年かけて建てられた会員制のクラブで主にゲストをもてなす施設です。 施主様ご夫婦とのイメージの共有作業を経て、インテリアは部屋の中心に半艶ブラック色のシースルー階段を配置。 リアドロのシャンデリアやスタンド照明・ダイニングテーブルを合せることにより秋津洲のコンセプトでもあるミックススタイルの西洋インテリアを再現しました。