Facebook Instagram
MENUCLOSE
お知らせ
2007.02.19 お知らせ

カツデンアーキテックは、bjリーグの「東京アパッチ」を応援しています

■華麗なテクニックと躍動感、スピーディーな動きが当社のイメージに合致。

カツデンアーキテック株式会社(本社:東京都中央区日本橋小網町14-1 代表取締役:坂田清茂)は、このたび日本初のプロバスケットボールリーグとして2005年秋から活動しているbjリーグ所属の「東京アパッチ」を応援することにしました。

bjリーグは、「プロフェショナル」、「スポーツ・エンタテインメント」、「グローカル&コミュニティ」という3つの要素を理念にして、バスケットボールをビジネス・文化として捉え、世界に通用する選手の育成や子供たちに夢と感動を与える新しいスポーツ文化の創造、地域社会に根ざした活動で夢のある地域社会づくりなどをめざして設立された日本で唯一のプロバスケットボールリーグです。
現在は8チームが参加、1リーグ制で行われていますが、5年後には12チームによる2リーグ制を目指しています。

「東京アパッチ」はその名のとおり東京都をホームタウンとしているチームで、ヘッドコーチはあのロサンゼルス・レイカーズのスーパースター“コビー・ブライアント”のお父さん“ジョー・ブライアント”がつとめています。
チームのコンセプトは、「ダイナミックさと知的なプレーで魅了するエンタテイメント性あふれるプロ集団」です。
チーム名の由来はアメリカ・インディアンの中でも、特に勇猛果敢な種族として有名な「アパッチ族」から命名。アパッチ族が重んじた 「精神」、 「調和」、「絆(愛)」をテーマにしたチームづくりを行っています。

カツデンアーキテックは今回の「東京アパッチ」の応援を通して、企業メセナの一環として教育、環境、福祉などを含めた社会貢献活動をさらに充実。スポーツを通した地域社会の振興や自社の企業イメージの向上などの点で大きな効果が期待できるものと考えています。
また社員を中心とした「バスケットボール部」もあるところから、リクルーティング活動や社員の福利厚生などの面でも影響力が大きいと考えています。

2007年2月17日(土)、18日(日)。3月3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)。いずれも有明コロシアムで行われる「東京アパッチ」の主催ゲームで、オフィシャルパートナープログラムの一つである「フロア看板広告」に当社のロゴマークが登場します。
応援かたがた、ぜひご来場いただきご確認ください。

出展は終了いたしました。応援・ご来場ありがとうございました。

※本内容は発表時の情報です。 
発表内容・製品仕様など発表当時と現在とで異なる場合があります。 
あらかじめご了承ください。

 

【リリースに関する問い合わせ先】

カツデンアーキテック株式会社 販促企画部 吉川
Tel:03-5812-2291  Fax:03-5812-2297
▶メールで問い合わせる

PAGETOP