Facebook Instagram
MENUCLOSE
KDATブログ
2021.06.25 ライフハック

梅雨時の部屋干しにも!インテリアに合うランドリースペースの作り方

販促企画部の西瀧元気です。

6月後半になり、梅雨に入りました。
この時期に入ると、いつ雨が降ってくるかわからないため、必ず室内干しをしています。
ところが突っ張り棒に洗濯物を干しているため、帰宅時に突っ張り棒ごと床に落ちているなんてことも…。
見た目も悪いので、おしゃれに快適に室内干しをできないか…と悩まされます。

ランドリースペース

共働き世代をメインにできるだけ家事同線を少なくしたい家庭が増え、需要が増えているランドリースペース。

2年連続で室内干しスペースは取り入れたい間取りランキングの5位以内に入っています。

取り入れたい間取り【全国】

順位 間取り 2020年 2019年
1 ウォークインクローゼット 34.1% 40.9%
2 カウンターキッチン 29.7% 32.6%
3 パントリー 28.9% 30.0%
4 シューズクローク 27.6% 31.7%
5 室内干しスペース 27.2% 27.7%
6 アイランドキッチン 22.9% 19.7%
7 畳コーナー 18.5% 24.1%
8 オープンなLDK 17.8% 18.2%
9 ゆっくり入浴できる広い浴室 17.1% 18.8%
10 階段下収納 12.0% 11.9%

引用元:2020年・注文住宅動向・トレンド調査(株式会社リクルート住まいカンパニー)

なんと北陸・甲信越地方に関しては1位となっています。

取り入れたい間取り【北陸・甲信越地方】

順位 間取り 2020年 2019年
1 室内干しスペース 39.3% 36.9%
2 ウォークインクローゼット 32.8% 45.6%
3 シューズクローク 32.0% 38.1%
3 カウンターキッチン 32.0% 33.1%
5 パントリー 27.9% 39.4%
6 アイランドキッチン 23.0% 18.1%
7 畳コーナー 21.3% 31.9%
8 吹抜け 18.9% 8.8%
9 回遊同線 16.4% 10.6%
10 オープンなLDK 14.8% 15.0%

引用元:2020年・注文住宅動向・トレンド調査(株式会社リクルート住まいカンパニー)

かつては…

約40年ほど前から当社はベランダ用のアルミ物干し金物を販売していました。
屋外で洗濯物を干すことが当たり前の時代だったことがわかります。

現代では室内に同じような金物や、天井から吊るもの、昇降型のもの、ワイヤータイプのものなど、徐々に室内のデザインに配慮した製品が増えています。
ただ、まだ「もう少しこうだったら…」など物足りなさを感じている人もいるのではないでしょうか?

カツデンアーキテックのシンプル物干し

そこで2020年に当社ではスチール物干しHosubaを発売。

【Hosuba(ホスバ)】

ObjeAをはじめとした階段や手すりと同じ材質・塗装なのでインテリアのトーンを合わせてランドリースペースを作ることができる固定型物干しです。

Hosubaの特徴5ポイント
【1】丸と角。選べるパイプデザイン!そしてつなぎ目がなくシームレスデザイン!

【2】サイズや形をセミオーダーで注文可能!(標準から+15,000円アップ)
【3】カラーは標準以外の特注色対応も!(別途費用)
【4】材工・材のみ 選べる納品方法!
【5】最短1ヵ月で納品可能!

使っていない時間が多いため、使っていない時はインテリアに馴染ませたい。
デザインを損ないがちな物干しですが、シンプルで飽きの来ない艶消しのマットなブラックの物干しであれば白い壁、木材、ガラス、窓などとも相性が良く、美しい空間を保つことができます。

製品紹介 詳細

まとめ

梅雨の時期以外でも室内干しの機会はあります。
春は花粉、夏は梅雨、秋は台風、冬は低い気温のため乾きにくい…などなど。
家具やインテリアのように物干しにもデザインを求めていきたいですよね。

PAGETOP